読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

18切符を片手に、景色を、季節を、人情を、感じに行こう。

【北海道一人旅】⑪ 7日目 ~ 幾寅を出発し、富良野経由で小樽へ。そして帰路へ...。

どうもです。

悲しみにくれた最終日は幾寅を出発し、トマム経由で南千歳まで特急に乗ろうと思っていたのですが、

積雪がすごく、スーパーとかちをはじめほとんどの特急が運休となってしまったため、

仕方なく代行バス富良野まで行きそこから滝川、岩見沢、札幌を経由し、小樽へ帰ってきました。

そして夜中に船に乗って舞鶴へ帰ってきました。

DSCF2006

朝5時半に起きて駅へ。フィルムで本格的に撮影します。

DSCF2041

駅のすぐ横にある、映画で実際に使用された車両。

DSCF2065 - コピー

木製の案内版。お洒落でかわいい。

DSCF2071

ほんとに、雪でどこが線路か分かりません。笑

DSCF2113

幌舞駅での撮影を終えて、宿でカップラーメンを食べ、幾寅に別れを告げて根室本線代行バスに乗ります。

DSCF2111

前日の雪が美しい銀世界を作り出してくれていました。

DSCF2121本来なら落合-東鹿越間の不通区間代行バスなのですが、富良野-東鹿越間も降雪の影響で運休していたため、

富良野駅まで連れて行ってくれました。ここから滝川行きの普通に乗ります。

DSCF2126

そして滝川駅に到着。ここからの岩見沢行きがまだ除雪作業が終わっておらず運休していたので、

復旧までお昼ご飯食べたり、駅の待合室でぼーっとしてました。笑

DSCF2132

その後、岩見沢へ到着。したのはいいものの、今度は岩見沢-札幌間のいしかりライナーが運休。

その為、特急券なしで特急に乗れるようになっていました。18切符でもOKでした。

DSCF2133

冷凍状態のスーパーカムイで札幌へ到着(笑)

DSCF2136

約一週間ぶりの札幌です。っていうか街がクリスマスムード!!!(怒

ミュンヘンクリスマス市へ行くつもりだったのですが、なんか虚しくなってきたため、

迷ったあげく、札幌といえばビールなのでサッポロビール園へ行くことに。

DSCF2139

バスターミナルの2番乗り場からしゅっぱーつ。

DSCF2173

到着。いくつか建物があり、博物館やお土産店、レストランあります。

DSCF2161

来たからにはすごーく呑んで帰りたかったのですが、

聖なる夜に一人で飲むのは悲しすぎるので、っていうかまだ未成年なので、お土産だけ買って帰りました。

DSCF2185

帰りのバス。ほんとに、よくこんな雪道運転しますわ。あっぱれ。

DSCF2190

そしてクリスマス仕様の札幌駅へ帰ってきました。ここから小樽へ帰るのですが、人が多すぎて写真なんか撮ってられませんでした。笑

DSCF2197

なんかよくわからない快速なのにに指定席が存在する電車で帰ってきました。

DSCF2206

長万部行きの電車が来ていました。未開の地、函館。今度北海道来たときは行きます。

DSCF2207

小樽駅で今回の鉄道旅は終了です。そう考えると急に悲しくなってきました。

DSCF2212

フェリーターミナル行きのバスまでまだ時間があるので歩いて小樽運河へ。

DSCF2219

着いたころにうっすらと雪が降ってきました。反対側でも何枚か撮影したのですが、降雪が微妙だったのでこっちの写真を。

DSCF2250

そして小樽駅へ戻ってき、フェリーターミナル行きのバスに乗ります。

DSCF2254

船が2時間ほど遅れた後、乗船します。さようなら...北海道!!泣

DSCF2263

半べそ掻きながらオープンデッキで夜景を眺めていると、別れを悲しむかのようにまた、しんしんと雪が降ってきたのでした。。

船中泊の日を除くと七日間の旅、本当に感動の連続でした。 真冬の寒い中の旅だったけれども、現地の方々はとっても暖かかったです。 物も美味しいし、人は優しいし。そして何よりの冬の情景が本当に美しかった。ますます冬が好きになりました。

また来ます、必ず。ありがとう、北海道。